MENU
10/13 いろづくり新色追加読んでみる

いろづくりでオリジナルスタンプパッドを作りました

シヤチハタさんが出している日本の伝統色のスタンプパッド『いろもよう』シリーズからオリジナルスタンプパッドが作れる『いろづくり』が発売されました。

ニュースリリースを見た時から欲しいと思った品です。

目次

好みに合わせて

スタンプパッドにインキ3色とスタンプがセットになった初めてキットが3種類と単品があります。
尚、初めてキットに入っているスタンプの単品発売はありません。

インキは2021.10.1現在29色です。

お千代

私は単品で購入しました

オリジナルスタンプパッドを作る

スタンプパッドは当然真っ白。ケースに色見本を押せる仕様になっています。

インキは小さなヘラが1本入っています。

作り方は簡単です。

インキをパッドの上に垂らして、ヘラで叩くだけです。
複数の色を使う時は、一色ずつ境目に隙間が出来ないようにします。

ランダムな模様にした所為もあって1個作るのに5分もかかりませんでした。とても簡単でした。

1つ目

どうしても作ってみたかった色です。

使ったのは、木賊色、松葉色、萌黄色、向日葵色の4色です。

同じシヤチハタさんが販売して、即完売。再販の予定もない朱肉『わたしのいろ』第1弾の『もり』を目指しました。
欲しかったのに買えなかった色です。

ニュースリリースの写真を見ながら、似たインキ色をチョイスしました。
これがやりたかったから単品購入です。

ちょっと木賊色の割合が多くなってしまいましたが、それっぽいものが出来上がったと思います。

2つ目

使ったのは、浅葱色、銀鼠色、藤色です。

初めてキットの1つに 浅葱色、銀鼠色、萌黄色 を使ったものがあります。
この組み合わせは割と好きな色味です。
ただ、萌黄色が『もり』と被っています。
私としては、『もり』の方が優先度が高く、かつ別の色も使ってみたいという欲求もあり、考えた結果萌黄色を藤色にしてみました。

かなり渋いものが出来上がりました。

ちなみに

スタンプを押す際は、インキを付けるのは1回だけです。
ポンポンと何度も付けてしまうと、パッドも印面も色が混じってしまって汚くなります。
スタンプの全面を少し強めに押しつけないと、印影が欠けたりします(2個目のケースのように^^;)

さらに1度押す毎に印面を綺麗にする必要もあります。

参考

ケースに押したスタンプはオリジナルで作った落款印です。

大きさ、書体、枠の形など色々選べますし、印影を画像確認してから作成して頂けます。

まとめ

『いろづくり』楽しいです。
今回は2つ作りましたが、インキはまだ余っています。
色数やインキの置き方のバリエーションを考えるだけでも楽しいです。
スタンプパッドはもっと購入すれば良かったと思います。

お千代

多分スタンプパッドもインキも買い足すでしょう

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • ブロックエディタ対応
  • 簡単に商品紹介が設置できる
  • セール情報の設定が可能
  • Rinker、カエレバからの移行プラグインあり
  • 月額、年額の選択可能
  • 無料版有り
当サイトの商品紹介はPochipp Proを利用しています

この記事を書いた人

仙台生まれ、仙台育ち、仙台在住

目次
閉じる