MENU
\ 年に1度のブラックフライデーセール! /詳細を見る

新トモエリバーの裏抜けテスト

ほぼ日手帳はトモエリバーを採用しています。
そのトモエリバーは、巴川製紙所から三善製紙に製造・販売が譲渡されました。
2023年用のほぼ日手帳は以前のトモエリバーですが、2024年からWeeks以外は新しいトモエリバーになります。

2023年用のほぼ日手帳のオリジナル、カズン、day-free、plannerには、新しいトモエリバーのおためし用紙がついています。

4つ折りの紙で、折りたたまれた状態でB7サイズです。
裏表紙には新しいトモエリバー採用の状況が記されています。

開くと2023年1月のマンスリーブロック、裏面は1月の扉と1月1日から3日までのデイリーページが印刷されています。

お千代

おためし用紙が英語表記なのは
英語版のほぼ日手帳を購入したからです

目次

試し書き

気になるのはやはり万年筆で書いた時です。
そのため、万年筆を中心にして、スタンプやマーカーでも試してみました。

万年筆とスタンプ

Yongshengはアマゾンで購入した4本セットで吸入式の激安万年筆です。

使用したインクは、月夜、深海はパイロットの色彩雫、山鳥がセーラー万年筆の四季織、松島ブルー、定禅寺グリーン、すずめ踊りだっ茶は、杜の四季です。

オフィスベンダー 楽天市場店
¥2,200 (2022/11/25 11:40時点 | 楽天市場調べ)

スタンプに使用しているのは、シヤチハタさんのいろづくりで作成したものと、同じくシヤチハタさんの朱肉わたしのいろです。

ちなみにスタンプのキャプションに使ったのは、ゲルインクボールペンのUni-ball oneです。

裏返しみた画像がこちらです。

万年筆は裏抜けしていないです。
スタンプも何とかですが、さすがに朱肉はちょっと危ない感じです。

ほぼ日手帳2024
ほぼ日Weeks2021

以前に行ったスタンプの裏抜けテストでのほぼ日Weeksの画像を並べてみました。
スタンプ類に関しては新しいトモエリバーの方が抜けやすい感じがします。

マーカーなど

使ったのは、マイルドライナー、エモット、筆之助、クリッカートの4本です。

クリッカートが僅かですが抜けます。
エモットも始筆のところで抜けが発生しがちです。

マイルドライナーと筆之助は抜けはありませんでした。
ただ、マイルドライナーを複数回重ねた時がどうなるのか試していないので分かりません。取りあえず1度描きでは、トメの部分も大丈夫でした。

まとめ

新しいトモエリバーをザックリと試してみて、水性ペン類はともかくとして、普段使用している万年筆では問題なく使えることが分かりました。
これが一番気になるところでしたので、安心しました。

お千代

来年ほぼ日手帳を購入するかどうかまだ分からないですけど

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • ブロックエディタ対応
  • 簡単に商品紹介が設置できる
  • セール情報の設定が可能
  • Rinker、カエレバからの移行プラグインあり
  • 月額、年額の選択可能
  • 無料版有り
当サイトの商品紹介はPochipp Proを利用しています

この記事を書いた人

仙台生まれ、仙台育ち、仙台在住

目次