MENU
10/13 いろづくり新色追加読んでみる

第1回手帳会議 for 2022

まだ今年は半分以上残っていますが、来年の手帳を考え始めました。
気が早いとは思いつつ、ハイタイドがラインナップを発表したとか、トライストラムスが発売されるとかニュースを見ると、手帳会議をしなくてはという気になってしまうのが不思議です。

ただ今年は去年とはちょっと様相が違います。
既に決定していることがあります。

目次

決定済みのこと

母艦

予定、TODOとログを分かりやすく管理出来ているので、ジブン手帳 DAYs miniを継続します。

もし、A5スリムが発売されるとしたらそちらに乗り換えます。
変更点はそれぐらいです。

推し活用手帳

4月始まりの手帳に変更しているので、そのまま継続です。

¥2,750 (2021/04/05 14:32時点 | Amazon調べ)

こちらも変更する要素は何もありません。

持ち歩き用

ロロマクラシックのM5です。

システム手帳ですから変える必要性がありません。
ザックリ分かれば良い予定を書くのにどんなリフィルを使うかですが、じゃばらんだに興味を引かれています。

使い方が変わったもの

今年スポーツニュース記録用としてEDiTのA6サイズを用意したのですが、地元球団の試合結果程度だとジブン手帳のログの空きスペースに書けてしまうことに気付きました。
ということでリストラ候補になっていたのですが、春から参加するようになった手書きツイートに使ってみたところ、結構良い感じです。
これを継続しようかと思っています。

変えようと思っているもの

サイト管理用にガントチャート手帳を用意しました。
しかし手帳につきもののマンスリーページとか年間カレンダーなどは使っていません。
必要なのは、ガントチャートとメモだけです。これならシステム手帳にした方が良いのではないかと思いました。
システム手帳ならば残しておきたいことと破棄しても良い事の取捨選択が容易ですし、新しい手帳に転記する手間もありません。
ガントチャートのリフィルも年対応のものが発売されていますしね。

新しくしたいもの

趣味の記録を5年手帳に書いていたのですが、やり方と書く事を変えた結果、連用日記ではちょっとスペースが小さくてごちゃごちゃとして見づらくなりました。
そのため、これ用の手帳を用意しようかと思っています。
どういうフォーマットが良いか、どの様に書いていこうか一番悩んでいるところです。
候補の手帳たちがいくつかあって、それぞれシミュレーションしてみようかと思っています。

その他

相変わらず使ってみたいけど使い道が浮かばない手帳がいくつかあります。
無理矢理使い道を考えるか、スパッと諦めるか思案のしどころです。

お千代

ちなみにリストラ第1号となったほぼ日Weeksはメモ帳と化しました。
手帳会議の議事録はこれに書いています

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • ブロックエディタ対応
  • 簡単に商品紹介が設置できる
  • セール情報の設定が可能
  • Rinker、カエレバからの移行プラグインあり
  • 月額、年額の選択可能
  • 無料版有り
当サイトの商品紹介はPochipp Proを利用しています

この記事を書いた人

仙台生まれ、仙台育ち、仙台在住

目次
閉じる