第3回手帳会議 for 2020

ここまでの流れ

関連記事

今年も半分が終わったところだというのにもう来年の手帳の予約が始まってきているのですね。 動きが早いです。 そもそも手帳会議って何ぞや? ザックリ言ってしまえば『どんな手帳をどんな風に使うか考えること』です。 [su_list ico[…]

手帳
関連記事

まだまだ悩んでいます 第1回手帳会議の記事を書いた後も『○○手帳の2020年版が発売される』というニュースを目にする度に公式サイトに見に行っては、「あーでもない、こーでもない」と考えまくっていました。 文房具屋の手帳コーナーに行って現物[…]

手帳

結論が出ました

2020年に使用する手帳を決めました。

母艦

SUNNY手帳ウィークリータイプです。
B6です。
『サイズはA5が良い』と大前提を挙げておきながらのこの結論です。我ながらビックリ😅
A5スリムがB6とほぼ同じ幅だということに気付いて、B6でも良いかなと思い始めました。
さらにTODO管理をハイタイドイーリスに任せると1日1ページ手帳でなくても良いとも思いました。A5またはB6のノートページが多い手帳を検討していてたどり着きました。
SUNNY手帳にはマンスリータイプもあるのですが、B6変形でちょっと小さいし、ノートページも少し少ないので、ウィークリータイプにしました。
ウィークリーページはざっくりバーチカルと呼ばれる形式です。見開き1週間で上2/3位が日ごとに区切られた記入欄になっています。下は方眼になっています。
少し大きいセミA5となっているEDiTの週間ノートが似たフォーマットです。

良いと思ったポイント

  • ノートページが141ページもある
  • ノートページにページ番号が入っている
  • ノートページ用のインデックスが予め用意されている
  • スピン(しおり)が3本ついている
  • ウィッシュリストなどが予め用意されている

ちょっと残念ポイント

  • マンスリー、ウィークリーともに2020年1月が始まり
  • マンスリーブロックで6週目だけ欄がちょっと小さい

残念ポイントがあっても充分に魅力的な手帳なので使ってみることにしました。

TODO管理

ハイタイドイーリスを引き続き使っていこうと思います。
3月終わりなので、それ以降継続するかSUNNY手帳のウィークリーページに移動するかは使ってみて再検討します。

ライフログ

日の長さを感じる手帳にしました。
ジブン手帳のウィークリーページにある色々な入力欄は非常に魅力的なのですが、やはり24時間が同じ幅になっていた方が良いという結論に達しました。

推し活用

アートプリントジャパンのオタ活手帳です。
ノートページは少なめですが、チケットページやレビューページが用意されているのが面白いと思いました。

持ち歩き用

前回結論を出したとおりブラウニー手帳です。

まとめ

最初の構想から大分離れましたが、着地点を見いだすことが出来ました。
2020年はこの5冊でやっていこうと思います。SUNNY手帳、イーリス、日の長さを感じる手帳はB6、オタ活手帳はA5スリムと横幅はほぼ同じ手帳になりました。
全て購入済みです。
意識していなかったのですが、各手帳で『良いな』と思ったカバー色を選んで購入していった結果、ベージュ1色しかないオタ活手帳以外全部ブルーになりました😅

実際の使い方とその感想などはまた改めて投稿したいと思います。