MENU

第3回手帳会議 for 2021

2021年に使用する手帳を決めました。つまり手帳会議の終了です。
今年は早かったです。
『今年使用したものを継続するか』から始まって、『何を』『どんな風に』書きたいか等マインドマップを作ってみたりしました。
一旦は結論を出しましたが、その後に新しい手帳のニュースがあって、振り出しに戻って再検討をしました。
その結果、今年の布陣から総入れ替えとなりました。

目次

2021年に使う手帳たち

母艦

ジブン手帳DAYs mini

2021年版から発売される新しいフォーマットです。1日1ページで中央に時間軸が書かれています。
ニュースで知ったときから、惹かれました。
ただ新商品な故に『いつ』『どこで』発売になるのか分からず、入手出来るか不安になりました。コクヨさんに問い合わせもしたのですが、はっきりした回答をもらえず本当にドキドキでした。結局ロフトさんに問い合わせて取り扱いを確認し、入手することが出来ました。今回学習したのは、ジブン手帳に関しては『メーカーではなく小売店に尋ねるべし』ということです。

これで、予定、TODO、ライフログを管理します。
現行は週単位でのTODOやまとめも書いているのですが、これをDAYs mini でどうするのかはこれから考えます。

推し活用

ミドリ プロフェッショナルダイアリー PRD-3

今年使っているオタ活手帳も悪くは無いのですが、使っていないページが多くあります。
必要なのはマンスリーページとメモページです。
この手帳は、マンスリーブロックの次に見開き2ページのマンスリーメモが用意されています。さらに巻末にもメモページがありますので、量として充分かなと思います。
またサイズがA5スリムでオタ活手帳とほぼ同じです。オタ活手帳についている下敷き兼チケットホルダーが流用出来ることも決め手でした。何せ今年挟めるはずだったチケット3枚、コロナのせいで払い戻しになってしまいましたから……。

持ち歩き用

ほぼ日Weeks

買い物メモを兼ねるので、現行のA6サイズより幅が狭くて薄いので選びました。

サイト管理用

NOLTY アクセス5ガントチャート

複数持っているサイトの何処を更新したか、を日の長さを感じる手帳のマンスリーページに記録していましたがごちゃごちゃして見づらいです。だからといってジブン手帳DAYs mini のガントチャートでは枠が足りません。
そのため専用の手帳を用意することにしました。
しかし、ガントチャート+ノートといったフォーマットの手帳は案外ないのですよね。
この手帳は今年新しく発売されました。公式サイトでもマンスリーページとガントチャートページしか紹介されていないのですが、仕様に書かれた総ページ数からそれなりのノートページがあるはずと判断して、購入しました。
実際40ページほどの横罫ノートと4ページの方眼ノートがありました。
ガントチャートの項目が21行あるのも決め手でした。

どうしても使いたかった手帳

手帳会議をする都度、EDiTが良いなと思うのです。特に年間や月間のプランニングページなどはものすごい好みなのです。
しかし実際に手帳会議を進めていくとファーストチョイスにはならないのです。
でも使いたい、ということで使い方をひねり出しました。

スポーツニュース記録用

EDiT 1日1ページA6

今年新しく投入された新サイズです。
1日1ページですが、地元プロ球団や高校野球の試合結果を書いていけばそこそこ埋まるはずです。
開催されるか不透明ではありますが、東京五輪のメダリスト等も記録しておくのも良いと思います。

読書記録用

EDiT 週間レフト

こちらはEDiTとしては新しいフォーマットとなります。
これに購入した本、読んだ本をジャンルを問わずに記録していこうと思っています。
記録することでタブレットの中で積ん読状態になっている本を減らしたいです。

まとめ

2021年は6冊になりました。
使い過ぎな様な気もしますが、取りあえず思うままに突き進んでみようと思いました。
上手く回すことが出来なければその先にまた考え直します。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる