第8回 手帳総選挙@仙台とインクを楽しむ日

第8回 手帳総選挙

正式名称は『第8回 手帳100冊!書き比べ総選挙!!@仙台』です。
2019.11.9~10の2日間仙台ロフトの文具売り場で開催されていました。
このイベントに行ってきました。
手帳総選挙

難しい手続きはなしです

売り場に近づくと係の方が寄ってきて、『全ての手帳に自由書き込めること』を始めとして投票のルールなどを説明してくれます。そして投票券(シール)とアンケート用紙を渡してくれます。
書き込むためのペンも貸してくれます。が、私は愛用の万年筆KAKUNOを持って行ったのでお断りしました。
後は自由に書き込むだけ。
1時間ほどエントリーされている手帳が置かれている柱の周りをグルグルしながら、目に付いた手帳に色々と書き込みました。
私が手に取るまでに沢山の人が参加しているので、その方々が書かれているを見るのも面白かったです。いかにも試し書きといった線や文字が多かったですが、誕生日や出張の予定、手帳の感想もありました。

エントリーは103冊

『100冊書き比べ』となっていましたが、実際には103冊ありました。さすがにこの全部を試すことは出来ませんでした。
目に付いたものと気になっていたものを中心に試しました。
来年に使うことを決めているSUNNY手帳やオタ活手帳をありました。これを試せたのは良かったです。既に購入済みなので、裏抜けしたらどうようかと思いましたが、どちらも大丈夫でした。
このイベントで初めて知った手帳もありました。ちょっと変わったフォーマットで『使ってみたい』と思ったものも……。冷静になると何用として使えば良いのか分からなくて持て余すのは必至なのですが、ロフトで取り扱っていたら衝動的に購入していたかもしれません。

投票は1人3票

投票は手帳と共に置かれているエントリーシートにシールを貼ります。と同時に渡されたアンケート用紙に投票した手帳のエントリナンバーと選んだ理由を書きます。
他に手帳の使い方などのアンケートに答えて、用紙を係の方に渡すと終了です。
ワークショップも開催されていたのですが、時間があわず参加できませんでした。来年もこのイベントがあるようなら参加してみたいと思います。
今回エントリーした手帳一覧を頂けましたのでこれは大事に保管して、今後の手帳会議の参考にするつもりです。

インクを楽しむ日

正式名称は『インクで手帳とノートを楽しむ日』です。
手帳総選挙の会場で、同日程でこのイベントが行われている事を教えて頂きました。
会場は一番町のauビルです。
総選挙からはしごしました。

ご当地インクがずらり

出店している文房具店はそれほど多くなかったのですが、それぞれのご当地インクがズラッと並べられていて壮観でした。
色々な紙に試し書きも出来ました。
ただ、私の時間的余裕がなかったので、ざっと回るだけになってしまいました。

ink-cafe

時間がないといいつつどうしてもやってみたかったのは、インクの調合です。
私が行った時には、自分で1から色を作るタイプと予め用意されたレシピから選ぶタイプの2種類をやっていました。
短時間で出来るレシピから選ぶタイプをやってみました。
84種類の中から1つを選びます。必要な道具はセットになっていてお店の方が用意してくれます。
小さなビーカーにベースとなるインクをレシピ通りに混ぜていったらインクは出来上がり。
そのインクを呉竹のCOCOIROのリフィルに詰めます。残ったインクはボトルに入れます。

inkcafe01

COCOIROのペン軸とリフィル2本、それにボトルが持ち帰りできます。
ちなみにインクは自分で名前を付けられる仕様になっています。
私が選んだのは、No.67です。命名「Origin」

inkcafe02

羽生くんのフリー『Origin』の衣装の色😅

こちらのイベントももっと時間を掛けて見てみたかったです。またあると良いけど……。